毎日おいしいオーガニック かんとりい オンラインショップ

人気ランキング オススメ商品 商品カテゴリ一覧 送料について 注文方法 特定商取引について 店舗HP

カートをみる

梅・らっきょう特集![5~6月]

一昨年は不作でしたが昨年は豊作、今年は??

2022年は一昨年並みに悪くなりそうだとのことです。
梅は花が咲いている季節の天候が全てだそうで、今年は梅花が開花してから寒い日が3~4日続いたこともあり、「少し悪いかも」とのことです。
ただ、木のある場所によって出来不出来がマチマチらしいですので、良い木もあるそうですのでさほど心配することもないのかも。
とは言いつつも収穫まであと1か月半、平穏な天気、適度に雨も降り、であり続けることを祈るばかりです。

 

かんとりいでは白加賀などの品種を梅酒・梅ジュース用、南高梅を梅干し用としてご用意いたします。

ですので、南高梅をご入用の方は梅干しをご注文いただきたいのですが、梅干し用ですので黄色めの梅をお届けすることになりますのでご相談ください。

南高梅の樹齢は他の品種に比べて樹齢が20 年と短く、20 年前に南高梅の人気が高まった際に植えられた木々が樹齢を次々と迎え、西吉野では梅の木を伐採し新しい梅の木を植え直したり、 中には柿栽培に転換した農家さんも居るとかと聞いています。

新しく植樹された梅が実を付けるまではあと数年掛かりますので、吉野全体の収量不足はこれから数年続くことが予測されます。
白加賀などの昔からある品種は樹齢は長いものの一度食べた南高梅の美味しさへのニーズが高く、農家さんにとっては悩みの種だそうです。

 

らっきょう

らっきょう

小粒の物を収穫するには2 年以上掛かりますので非常に手間が掛かります。
しかも、収穫時期は梅雨時期に差し掛かり、雨天が続き、土が湿った状態では作業ができない日が続きます。
さらに、小規模農家が機械を導入することは不可能と言って過言ではありません。
そのため、全行程、植付から箱詰めまで全て手作業になり、そんな環境を嫌って生産者が年々減少しているとのことです。
実際、毎年、らっきょうのお届けの際、予定日時を大幅に越えたり、生産者の変更など、大変ご迷惑をお掛けすることが多くございます。
今回も生産者を限定することなく、ご予約を承っております。改めてご了承ください。

関連商品一覧